おすすめの枕って何がありますか?たけちはり灸院の場合

たけちはり灸院の院長 武智です。

耳鳴り、めまい、突発性難聴でお困りのかたに限らず、
睡眠のお悩みや肩こり・頭痛に悩まされているかたで
枕について気にされているかたはとても多いような感じがします。

ちなみに治療中の質問でも一位、二位を争う印象です。

体形、性別によって目安がかわります。
ちなみにサイズは

女性や小柄なかたは「小さめ」
普通サイズの体形のかたは「普通」
からだの大きいかたは「大き目」

材質は
「低反発」「羽毛」「パイプ」「わた」「そばがら」
などですね

 

たけちはり灸院も治療用に最適な枕はなにかと
いろいろな種類があるなかで試行錯誤しました。
患者さんの寝心地やからだの回復、変化の状況を
リサーチした結果、
なんともシンプルな結果になりました。

昔ながらのそばがらの枕がおススメ!

となりました。

実際、治療後に患者さんから治療院で使っている枕は
分けてもらえることはできるんですか?
という問い合わせもよくありますが、
料金も手ごろでホームセンターなどでも買うことができますよ
とお答えしています。

 

ちなみに、
低めのそばがらの枕の下にバスタオルなどをいれて
高さを調節したり、枕の中のそばがらの位置を微調整して
毎日の寝心地に合わせることができますよ!
と提案しています。

 

枕のしたにタオルがある状態

 

 

枕だけの場合の姿勢

 

写真で比較すると
見た目でわかるように
あごの角度や頭の高さが変わります。

日々のからだの状態に合わせてタオルの高さを変えてみたり、
タオルのない状態にして調節することもおすすめです。

 

枕の高さを好みに合わせてもいい場合

耳鳴り、突発性難聴、 睡眠のお悩み、肩こり・頭痛に悩まされているかたは
その時に寝心地がよく首回りや肩・背中がしっくりくる高さをおすすめします。

 

枕の高さが高いほうがいい場合

めまい・ふらつき・メニエール病など
目が回る、頭が揺れる、寝返りをあまり打ちたくない場合は
あおむけのときに少し枕を高めにして顎が少し引いた状態に
して寝ることをおすすめしています。

 

 

枕の高さが低いほうがいい場合

めまい・ふらつき・メニエール病など
目が回る、頭が揺れる、寝返りをあまり打ちたくない場合でも、
頭に血が上るような状態のほうが落ち着く場合は
あおむけの時に枕を首の深いところにあてて
顎が上がった状態にして寝ることをおすすめしています。

 

 

 

ただ、いずれの場合もその時の体調や感覚に合わせて
調節していただきたいです。

からだにとって良いといわれていることでも
その体調や感覚に合わない時はかえって逆効果になって
症状が悪化していまう恐れがありますのでご注意くださいね

 

おすすめの枕は昔から日本人になじみ親しまれている歴史のある、
そばがらの枕で高さや頭のポジションを
調節しながら試してみてくださいね!

 

 

ご予約
052-753-7716

 

 

関連記事

きこえること、きこえないこと ・・・ 難聴を鍼灸治療で治すために知っておいて欲しいこと

  ふとしたけっかけで難聴に悩まされている人は実はたくさんいます。 名古屋市名東区にあるたけちはり灸院は難聴でお困りの方に 鍼灸治療をさせていただいています。 難聴を鍼灸治療で治すために知っておいて欲しいことを[…]

[» 続きを見る]

頭のなかが鳴っているような気がするんです

  耳鳴りに悩まされている患者さんでときどき 「頭の真ん中で鳴っています」 と言われる方がいらっしゃいます。 一般的に耳鳴りは主観的なものなので、 本人にしかツラさ苦しさはわかりません。 耳鳴りではなく頭鳴りと[…]

[» 続きを見る]

秋バテってあるの? その対策方法はあるの?

  10月に入って涼しくなって朝晩は肌寒くなって きましたね 日中は汗ばむような気温まであがったりしますね 暑さや寒さ、涼しさのコントロールが難しく 体調管理に困ってしまいますね 体調が振り回されて、秋バテ症状[…]

[» 続きを見る]

耳鳴りの原因・・・中耳炎

中耳炎には ・急性中耳炎 ・滲出性中耳炎 ・慢性中耳炎       の三つがあり、 そのうち慢性中耳炎は慢性化膿性中耳炎と真珠腫性中耳炎に 分けられています。 滲出性中耳炎は急性中耳炎に続いて起こることが多く、 これは中[…]

[» 続きを見る]

冷えるしくみ

前回の続きです。 なにかの拍子でからだに異常が起きてしまって 血流が滞ってしまい全身のそれぞれの細胞の働きが 悪くなってしまうと熱が産生されなくなってしまいます。 これが、つまり冷えとなります。 血流が滞って老廃物を回収[…]

[» 続きを見る]