音が聞こえる仕組み ・・・ 耳鳴りを鍼灸治療で治すために知っておいて欲しいこと

 

419e3b15

 

大なり小なり耳鳴りに悩まされている人はとてもたくさんいます。

名古屋市名東区にあるたけちはり灸院は耳鳴りでお困りの方に

鍼灸治療をさせていただいています。

耳鳴りを鍼灸治療で治すために知っておいて欲しいことを書いていきます。

 

◆そもそも、音ってどうやって聞こえるの?

 

実は厳密にいうとわかっていません。

「きっと○○ではないか?」というように言われいます。

なぜ、「きっと○○ではないか?」と言われるのでしょうか?

これは、前回の「耳鳴りの何がつらいの?」でも書いた通りに

原因とされている個所を肉眼で確認することができないからです。

もちろん、確認方法が無いわけではありません。

まずは

・耳の中の診察

・続いて、ノドと鼻を診察

・MRIやCTを使って画像検査

・血液、血圧検査

・聴力検査

が、主な検査です。

ただし、外から鼓膜の中を正確には肉眼で見ることができません。

耳鳴りに関しては主観的な要素が非常に強いため検査で数値化したりデータなどでの

客観的な評価はできません。

聴力に関するもの非常に繊細です。

 

耳鳴りがなる前に、そもそもどのように音が鳴っているか?

これを知っておく必要があります。

 

2-a
1、耳介(じかい)とよばれる耳たぶで音を集めます。

2、外耳道(がいじどう)という道が音を共鳴させます。

3.鼓膜(こまく)が音の振動を受け止めます。

4、耳小骨(じしょうこつ)という「つち骨」「きぬた骨」「あぶみ骨」という非常に

  小さい骨が鼓膜で受け止めた振動をさらに大きくし蝸牛(かぎゅう)に伝えます。

5、蝸牛(かぎゅう)に伝わった振動が有毛細胞(ゆうもうさいぼう)で電気信号に

  変換されます。

6、蝸牛神経(かぎゅうしんけい)が音の電気信号を脳に伝えます。

この一連の流れを経て脳は初めて音や言葉として認識できます。

 

次は「何が鳴っているか?」についてです。

 

 

 

 

たけちはり灸院での耳鳴りの治療についてはこちら

↓↓

耳

 

 

耳鳴り解消するための治療を受けたい方はこちらもお読みください

↓↓

beginner-green_botton

 

 

関連記事

耳鳴り治療のテーマ ・・・ 耳鳴りを鍼灸治療で治すために知っておいて欲しいこと

    大なり小なり耳鳴りに悩まされている人はとてもたくさんいます。 名古屋市名東区にあるたけちはり灸院は耳鳴りでお困りの方に 鍼灸治療をさせていただいています。 耳鳴りを鍼灸治療で治すために知ってお[…]

[» 続きを見る]

焦りは禁物 でも、ちょっとした勇気も必要

  怪我をしてしばらく固定をして絶対安静、必要以上に曲げ伸ばしをしないようにと指示を受けていました。 痛みが引きにくい場所だったので固定と安静の期間は長くなっていました。 日常生活を送るなかではほぼ問題なく過ご[…]

[» 続きを見る]

のぼせの原因ってなんだろう?

  めまいのふらふら・ゆらゆら・回る感じ とは別の「かーっとおでこのあたりが熱くなる」 ことや「ホットフラッシュ」のように 急に汗が出る状態もしばしばあります。 この時の原因は何か? 鼻の状態が原因となります。[…]

[» 続きを見る]

不調や病気を治すために気を付けて欲しい8つのこと

Contents1 病気や不調を改善していくために やってはいけないこと8つを書きます。1.1 1.自分を責めること1.2 2.ツラさ・不快なものを探すこと1.3 3.睡眠時間がバラバラ1.4 4.ネットで「病名+症状」[…]

[» 続きを見る]

まぶたが重くなってきたら治療のサイン?

  定期的に来院される患者さんが自分のからだの状態の目安としていることだそうです。 この患者さんは 「まぶたが重くなってきて目が開きにくくなってきたら疲れがたまったサイン」と認識しています。 疲れがたまったサイ[…]

[» 続きを見る]