記録していくことでツラくなることもある

memory

 

初診の患者さんはいちばん初めに
いろいろとお話をお聞きしています。

忘れるといけないからとおっしゃって
メモ書きを渡してくださる方が
けっこういらっしゃいます。

例えば、

病気がいつから始まって、
○○病院に行ってメチコバール、
イソバイド、アデホスを処方されて
2週間飲んで
それまでに何が起こっていたか
一日一日、一日の中でも
朝、昼、晩に寝ている間などのことを
詳細に教えてくださいます。

自分だけがこんなにつらい思いをしていて、
家族や周りの人などにはわかってもらえないという
疎外感を感じて孤独でつらい状態で
自分と病気に対して戦っています。

日々の日記の内容がいつのまにか
闘病日記になっていたりした。
とお聞きすることもあります。

読み返すとツラく悲しい気持ちになるとも
教えてくださいます。

症状が少しでも変わってきたら
周りにいる人があなたの精神状態が
落ち着いたのを見計らって、
こっそり「わたしもそうなのよ」
と声を掛けてくださることもお聞きします。

実はひとりで戦っているのではないと
少し肩の重荷が軽くなるかたを多くみてきました。

たけちはり灸院では、治療が終わった患者さんから
患者様の声」として闘病日記からの経過報告を
ご協力していただいています。

これを読んでいただくことによって
私だけじゃないんだとも思うことができると思います。

治療が進み快方に向かい始めるとパタリと
闘病メモを取らなくってなってしまう方も結構な割合でいます。

からだに変化が少しでも起こり始めると
気持ちの面では大きく変化していきます。

記録を取り続けることも大事ですが、
ときに自分を苦しめてしまうことも
ありますのでほどほどにお願いしますね

 

患者さんの治療の感想は
100件近くのお声が集まりました。
あなたの気持ちを代弁してくれるものが
あるかもしれませんよ

関連記事

モートン病って知ってますか?

  たけちはり灸院 院長の武智です。 「足の裏が痛い」 「足の人差し指 or 薬指がすごく痛い」 「裸足で歩けない」 先生のところで治療してもらえるの?と聞かれます。 先生のとこは耳の専門だから無理ですよね~ […]

[» 続きを見る]

知っておいて損はないオージオグラムの見方

  聴力のトラブルがあって耳鼻科にかかると聴力検査というものを行います。 防音室にはいってヘッドホンをして「ピー」とか「ブー」とかの 音が聞こえたらボタンを押すという検査です。 健康診断などではにぎやかなところ[…]

[» 続きを見る]

平衡感覚の乱れが自律神経の働きを狂わす

平衡感覚はどのようにして保たれているか、 それぞれの役割があるということを説明しました。     耳と脳の働きが密接に関係していますね 情報の流れとしては 「 目 耳 手足   →    脳  」 で[…]

[» 続きを見る]

冷えと女性の不調・・・1

多くの女性でお悩みになっていることは、 生理(月経)にまつわる不調だと思います。 たとえば、子宮筋腫、子宮内膜症などですね これらは、検査をすれば状態がわかるのですが、 このように明らかな理由が見当たらないのに 月経前に[…]

[» 続きを見る]

自分でもツボがわかってセルフケアが完璧になりました!

セルフケアを伝えてしばらくたってからのことですが、 いつもは気になるところや痛いところを真っ先に触っていたんだけど、 自分のツボを見つけることができてとっても嬉しかったと教えてくれる患者さんが増えています。 みなさんには[…]

[» 続きを見る]