たけちはり灸院は8周年 9年目は変わります。

たけちはり灸院

開院してからあっという間に8年が過ぎました。
ここまで続けて来られたのは、両親やスタッフ、師匠をはじめ、鍼灸師の仲間たち、関わってくださった業者のみなさん、来院してくださった患者さんなどたくさんの方に支えられたおかげだと思っています。

 

9年目たけちはり灸院は変わります。

 

血液検査と過敏症・アレルギーの施術をおこないます。

 

血液検査

血液検査からみた栄養指導
予防医学を得意とする野口基礎医療クリニックと提携してあなたの栄養状態や自律神経の状態を血液検査から調べることができます。
(一度医師の診断を受けたいという方には、紹介状をお書きすることもできます。)
※診断行為は鍼灸師には認められていませんので、医師による診断となります。

 

 

過敏症・アレルギーの施術

アラテックセラピー

 

アラテックは、過剰反応に関連する臓器系を治療する高精度の治療です。
過敏反応やアレルギーの原因はからだ・脳の誤認識、からだ・脳の反応のエラーによっておこると考えることができます。
その誤認識・誤反応をリセットして、からだの働きを正常に取り戻す施術です。

 

変えようと思ったきっかけ

たけちはり灸院 変化のきっかけ

開業して8年、耳鼻科疾患・自律神経の不調の患者さんを治療させていただいて、そもそも病院で処方された薬を真面目に飲んでいても効果が分からない。鍼灸治療の効果もわからないという方は一定数います。
外からの刺激を入れるだけではなく、からだの内部の栄養状態や自律神経の状態からも見直せることができれば、症状が改善されたその先の未来がもっと明るくなるのではないかと考え、あらたに導入することになりました。

今あるつらい症状だけではなく、その先の未来も元気に健康に自立できるように後押しをするのが役目だと考えます。

過去、わたしはサラリーマン時代に体調を崩して、メニエール病や自律神経が乱れて体調が安定しないときがありました。
その時は知識もインターネットもまだ発展していなかったので、病院にいけば治ると人任せにして他人事になっていました。

当たり前ですがなかなか体調は改善していくわけありません。
薬飲んでも効かない、治してくれないと途方に暮れ怒りもありました。
今思えば、自分の生活習慣には見向きもしていなかったので、食べるもの寝ること動くことはまったく頭の中にありませんでした。
その当時、思ったことは「自分のからだの悲鳴にもっと向き合えばよかった」という反省と「からだを治すのは最後は自分だ」ということを経験しました。

日々、鍼灸をさせていただいて、人任せだなーと思う方は一定数いらっしゃいます。
それは「自分で治す」ということを知らないからだと思います。
「自分でも治す」きっかけにたけちはり灸院での取り組みがお役に立てると幸いです。

 

たけちはり灸院は寄り添います

 

もちろん、今まで通りの鍼灸治療もより精度と効果があがるように取り組んでいきます。

引き続き、9年目もたくさんのかたのお役に立てるように日々取り組んでいきます。
よろしくお願いいたします。

関連記事

少しでもホッとできるかな?

  12月になりましたね。 受付カウンターをやすえ先生が冬仕様にしてくれました。 くまのぬいぐるみ、シェリーメイといいます。 知ってる人は見ればすぐわかりますね。 このぬいぐるみはもともと何も着ていないのですが[…]

[» 続きを見る]

たけちはり灸院のLINE@の使い方。

たけちはり灸院のLINE@を開設しました。 LINE@は電話やメールの代わりの連絡手段になります。 休診日や時間外などでは電話がつながらなくてご不便を おかけしてしまうこともありました。 あらたな連絡手段としてご活用して[…]

[» 続きを見る]

第30回 豊田市ジュニアオーケストラの定期演奏会にいってきました!

  たけちはり灸院 院長の武智です。 先日、8月6日に豊田市のとよた参号館のコンサートホールで開催された 豊田市ジュニアオーケストラ 第30回記念定期演奏会 サマーコンサートに やすえ先生と一緒にいってきました[…]

[» 続きを見る]

2月25日・26日は国家試験です

2月25日(土)  あん摩マッサージ指圧師の国家試験       26日(日)  はり師・きゅう師の国家試験   全国6か所の会場で試験が行われます。 愛知県の会場は 名古屋国際会議場 住所:名古屋市熱田区熱田[…]

[» 続きを見る]

ディズニーランドのお土産をいただきました

    みんな大好きなディズニーランドのチョコクランチをお土産でいただきました。 クランチの入っている缶はハロウィンバージョンのものでした。 やすえ先生が聞こえるか聞こえないかの声で「わたしも行きたいな・・・」[…]

[» 続きを見る]